お悩み相談/運営コラム

ワンオペ育児の意味とは?そもそもワンオペってなに?【疑問を解決!】

お子さんのいる人は、「ワンオペ育児」という言葉を聞いたことがありませんか?

最近何かと耳にする言葉ですが、理解していない方は本記事でやさしく説明するので確認してみてくださいね!!

ワンオペ育児の「ワンオペ」とは

「ワンオペ」は「ワンオペレーション」の略です。

ワンオペレーションとは

ワンオペ(ワンオペレーション)とは、人手が不足する時間帯(特に深夜)を中心に、外食チェーン店などで従業員を1人しか置かず、全ての労働をこなす行為をさす。 このワンオペが世間で注目されたのは、ゼンショーホールディングスの牛丼専門チェーン店「すき家」の事例である。

引用: wikipedia

飲食店や店舗などで、ワン(1人)でオペレーション(運営)するということです。1人でお店を回すは大変ですよね。

この言葉はインターネット上で広がり、口コミやニュースなどにも取り上げられて日常に浸透していきました。

ワンオペ育児とは

飲食店のワンオペから広がりをみせ、派生をして「ワンオペ育児」という言葉も生まれました。

ワンオペ育児は「1人で育児をまわす」という意味になります。ワンオペ育児は、女性でも男性でもどちらでも使われます。

例えば、パートナーの単身赴任や病気など事情があり、「1人で子育てをしなければならない」状況になった場合、「ワンオペ育児をしている」と言えます。

広告

育児が大変なら、家事代行を頼もう

共働きの夫婦が増えている今、家事代行を使うのは賢い手段です。

家事代行サービスを使って家族でいる時間を確保した方精神衛生上も良いと、今人気になっているんです!

ワンオペ育児の場合でも、自分が働きにいっている時間に家事をしてもらっていたら、帰ってきたときに子育てに専念できますよね!

家事代行サービスはキャットハンドがおすすめです!


さらに、専業主婦の方は利用する方だけでなく、スキマ時間を有効に利用できるので、家事代行をして働くのもおすすめですよっ!

家事代行サービスの登録はCasyがおすすめ!
CMもよく放送されてますよ!


ワンオペ育児の意味まとめ

男性の育児参加は年々増加していますが、単身赴任も増加しているんです。

ワンオペ育児をしている方も増えているので、うまく自分の時間を作りながら子育てをしていけると良いですね!