結婚準備

結婚式場の中止は高額だから要注意!キャンセル料や中止の方法を教えます

結婚式場のキャンセル料金

結婚式を延期したい、中止にすることになった。

まさかの自体が起こった時に一体キャンセル料はいくらかかるのか、気になりますよね。

人それぞれ「病気」「身内の不幸」「浮気の発覚」など理由があります。自分はキャンセルは絶対ない!とは言い切れませんよね。

もし中止になった場合の保険としても確認しておきましょう。

知っておきたい「仮予約」と「本予約」の違い

本予約」は結婚式場と正式に契約書を取りかわすことです。

対して、「仮予約」は本予約の前の約1週間ほどの短期間を仮で押さえて予約することができる期間です。

「仮予約」は、まだ正式に結婚式場を決めておらず迷っている状態の時に「キープ」として使います。

結婚式場のキャンセル料はいつからかかる?相場は?

さて、結婚式場を「本予約」した場合にキャンセル料がかかるということがわかりましたが、実際どのくらいキャンセル料はかかるでしょうか?

基本的なキャンセル料は「結婚式代総額の○%」になっていて、パーセンテージが式場ごとに変わっていきます。

さらに、結婚式当日までの日数でも異なってきます。

結婚式のキャンセルではなく「延期」の場合、日数によっては無料で変更が可能なこともあります。契約書にその旨が書いてあるのでよく読みましょう!

広告

結婚式場のキャンセル料がかからないケース

本予約をした後に結婚式の取りやめをしてもお金がかからない場合があります。

それは、「結婚式場側の都合」による中止です。

事故や災害など、大雨により「ガーデン挙式」ができなくなったり、式場自体が使えなくなってしまった場合は式場側の責任として、お金はかかりません。

ただ、キャンセル料がかからないケースは上記の「結婚式場側の都合」のみです。

挙式をする側が、交通事故にあったり身内に不幸があったり、やむをえない事情があったとしても、式場側の責任ではありませんよね。

結婚式を安心して迎えられるように、日々を安全に過ごすことも心がけましょう。

式場をキャンセルしたい時にとる行動

式場をキャンセルしたい場合、早ければ早いほどキャンセル料も少なくすみます。

やることを明確にして、テキパキ動いていきましょう。

結婚式は人生の1大イベント、準備に時間がかかる分、中止をするのも大変です。費用の問題も出てくるので、しっかりと話し合いましょう。

広告

結婚式キャンセル料まとめ

それぞれやむをえない事情でどうしても中止になってしまうことはあります。その場合、まずはしっかりと式場と話し合いましょうね。

本記事のポイントを最後にまとめておきます。