結婚準備

プレママ・マタママとは?意味の違いをわかりやすく解説します!

プレママ・マタママの意味とは?

プレママの「プレ」は「前」という意味なので、ママになる前の赤ちゃんを懐妊して出産を控えている人のことをプレママと呼びます。

対して、マタママの「マタ」は「マタニティ(妊婦)」という意味なので、出産を控えた妊婦さんのことをマタママと言います。

では一体この2つのママ用語の何が違うのかを本記事で解説をしていきます!

プレママの意味や使い方とは?

プレママの「プレ」は「前」という意味があると冒頭で書きましたが、実はもう1つ意味があるんです!

それは、「pregnant(妊娠中の)」という意味のプレです。この言葉は妊娠中の人を指しますね。

ですが、プレママという言葉が使われる多くの場合は「Pre(前)」という意味を持つ初産婦さんを表しています!

なので、初めて妊娠したこれからママになる人のことを「プレママ」と呼びましょう!

マタママの意味や使い方とは?

マタママのマタは「マタニティ」からきていて、この言葉は「妊婦」という意味があることを説明しました。

マタママの場合は、初めて出産・妊娠する人もすでにお子さんがいて出産経験がある人もまとめてマタママと呼びます!

広告

プレママとマタママの違いは?

プレママとマタママの違いを簡潔にまとめます!

この2つの意味の違いは、朝のニュース番組で取り上げられたこともあるので、知っている人は知っているかもしれませんね♡

おまけ(初マタとは)

プレママ、マタママの他によく聞く言葉として「初マタ」があります。

これは言葉通りの意味で、初めてのマタニティ = 初めての妊婦 という意味ですね!

ほとんどの場合プレママと同じ意味で使われるので、覚えておきましょう!

広告

プレママ・マタママの意味まとめ

2つの言葉に多少の違いはありますが、正直みんな特に気にすることなく使っています。

むしろ、2人目を妊娠している人に誰かが「プレママさん」と言ったとして、それを注意すると逆に場の空気が悪くなってしまう可能性も><

意味だけ知って、理解しておいて自分の中に留めておくのが良いと思いますよっ!!