【ハナユメ】8月27日まで!フェア参加で最大4万円分のギフト券!
結婚準備

結婚式のプロフィールムービーの作り方を教えます!

プロフィールムービーは余興の定番!

結婚式の余興でよく、新郎新婦の生い立ちが写真や動画で流れますよね。
そのことを「プロフィールムービー」と言います!

結婚式に出たことがある方は、一度は見たことがあるのではないでしょうか?
幼少期の頃から、学生、現在まで2人が成長していく姿や出会いなどの映像が流れますよね。

今回はそんなプロフィールムービーについて解説します。

プロフィールムービー作成に必要な物

1、BGM

2、写真

3、原稿

この3つが必要になります。

上記の3つは映像を作る上での素材になるので、素材を映像として残すための、動画編集ソフトが必要になります。

自作で作る方は、最近ではスマートフォンのアプリなどで作る方も多いので、いろいろチェックしてみてください。

しっかりと作りこみたい方は業者に頼むのがベストです。自分の思い通りに作りたい方はプロに頼みましょう。

後ほど詳しく記載します。

ムービーの流れを決めよう!

誕生→幼少期→学生期→社会人

のように、それぞれの区切りをつけるとともに、テーマもざっくりと決めましょう!

・身内が多い結婚式で、感動系のしっとりした映像にしたい

・みんなで楽しんでもらえるような、コメディも混ぜた映像にしたい

など、2人の嗜好を存分に出しちゃいましょう♪

ひたすら写真を集めよう!

とにかく写真を集めます。

流れを決めた区切りが、「幼少期」「学生期」「社会人」であれば、3つの区切りになるので、それぞれ20枚ずつくらいで計60枚くらいを目安に、集めた中から選定しましょう。

均等に写真の枚数を決めると、時間配分もしやすくなります。

写真は、新郎新婦メインのものと、結婚式にゲストで来てくれている友達や家族の写真も入れると会場も盛り上がって楽しめますよ♪

BGMを選ぼう!

プロフィールムービーは5分くらいで収めると、会場のゲストも飽きず、しっかりと見てもらえます。
やはり、お酒が入っているとどうしてもダレてしまいますからね。

曲選びとはしては1曲〜3曲を目安に選定しましょう。
区切りで曲を変えるのも良いですし、最初から最後まで1曲流すのも良いです。

曲選びは、2人で決めたテーマにあった曲を選ぶのもよし、2人の思い出の曲を選ぶのもよし。
2人のセンスが試されますね♡

よしよし!

テロップ原稿を考えよう!

ここが一番頭の使いどころ。

ただ、「東京都に2000年に誕生」というフレーズを当て込んでいくだけだと簡単ですが、それだけでは少し寂しいですよね。

「東京都に2000年に誕生。生まれた時の体重は少なかったけど今ではみんなのおかげでこんなに大きく育ちました。」

というフレーズにすると家族への感謝も読み取れますよね。

淡々と出来事を書くのではなく、その背景も見えてくるとグッと良いプロフィールムービーになります。

ただ、はっちゃけすぎて滑るということもあるので、お気をつけください。。。!

編集をしていこう!

BGMも決めた、写真も揃えた、原稿もまとまった、さあ、編集をしよう!

この時点で、業者に頼むか自分で編集をするかを決めていると思います。

業者の場合

だいたい3万円〜費用がかかってきます。
やはり、仕上がりが全然違いますし、やりたいこともしっかり形になります。
式の1ヶ月前には素材を渡して作成してもらいます。その後、修正などを繰り返し完成になります。

自作の場合

無料の編集ソフトを使えばコストは0です!

Windowsだと ムービーメーカー
Macだと i movie

が標準で入っていて無料で使えます。
自分で作る分には十分だと思います。

もっと凝りたいという方は、Adobeの”Premire Pro”や”Final cut”を使うと良いでしょう。

でも、難しいです。しっかり時間を確保して挑んでくださいね♪

まとめ

プロフィールムービーは自分で作るのも、業者に頼むのも時間と手間がかかります。
その分良いものができると2人の思い出にもなりますし、余興として会場がすごく温まります。

私も作りますが、この作業って【楽しい】んです!
楽しみながら、映像技術も上がるので、ぜひチャレンジしてみてほしいです♡