結婚準備

一番人気!教会式・チャペル挙式の流れを確認しよう!

結婚式で一番人気の教会式・チャペル式は約6割の花嫁が選ぶキリスト教の習わしにのっとた挙式スタイルです。
結婚式当日、リハーサルなどはしますが、実際どんな流れで進行するのかを知っておくことで、スムーズになりしっかりとした意義を持って
結婚式を迎えられるのではないでしょうか。

教会式のほかにも、挙式スタイルは、【神前式】【仏前式】【人前式】もあります。

今回は教会式にスポットを当ててご紹介をします♡

教会式の魅力とは?

1、純白のウェディングドレスに身を包まれて

結婚式の花嫁さんのイメージは純白のドレスというイメージが強いですよね。
教会式だと、純白のドレスで挙式したい!という希望が叶います♡

2、神聖なチャペルを2人で歩く

素敵なバージンロードや花嫁を守るベールダウン、荘厳なチャペルならではの結婚式は、これから、そしてこれからの2人の愛を
より一層深めてくれます。

3、フラワーシャワーで多くのゲストから祝福される

退場時はゲストからのフラワーシャワーがあります♡
ゲストに見守られながら、フラワーシャワーを浴びて、”おめでとう”と言われながらの退場は本当に幸せですよね☆
フラワーシャワーには2人を悪魔から守るという意味もありますよ!

進行の流れ

チャペル式の時間は一般的に30分ほど。

事前リハーサル、本番は司式者が指示出しをしてくれるので、安心してください♪

1、挙式前

ゲストが入場し終わったら、控え室からチャペルへ。

2、新郎新婦入場

新郎が先に入場し、祭壇前で新婦を待ちます。
新婦は父親にエスコートしてもらいながらゆっくり祭壇へ。

3、賛美歌斉唱

全員起立して讃美歌の斉唱。式次第を見ながら全員で歌います。

4、聖書朗読・祈祷

牧師が、聖書から結婚に対する教えを朗読して、神に祈りを捧げます

5、誓約

牧師が新郎新婦に問いかけ、新郎新婦がそれぞれに答える形で誓いをたてます。

6、指輪の交換

最初に新郎から新婦へ、続いて新婦から新郎へ左手の薬指に指輪をはめます。
するっとはめられるとバッチリ決まりますね♡

7、誓いのキス

新郎がまずベールアップをして誓いのキスをします。
キスを唇にするのが恥ずかしいという方は、おでこや頬でも良いですよ。

8、結婚証明書署名

新郎、新婦の順にサインをしてから証人や牧師がサインします。

9、結婚宣言

新郎新婦が正式に夫婦となったことを牧師が宣言します。

10、閉式の辞・新郎新婦退場

新郎新婦がゆっくり退場します。その後司式者、ゲストの順で退場をします。

11、挙式後

フラワーシャワーなどの演出でゲストが声をかけながら祝福します♡
ブーケトスやバルーンリリースなどのイベントも!

まとめ

やはり、純白のドレスを着ての挙式に憧れる方は多いのではないでしょうか!

流れを理解して、挙式のイメージをしておきましょう♪

スムーズに、スマートに進む挙式はしっかりとした印象を与えますよ♡