結婚準備

新郎新婦もゲストも費用を抑えて結婚するなら会費婚が断然お勧め!

最近は”会費婚”という言葉を知っている人も多いのではないでしょうか。

会費婚は、従来の結婚式とは違いご祝儀をいただくのではなく、「会費」をいただいて結婚式を挙げるスタイルのことを言います。

披露宴よりもカジュアルな内容であることが多いため、費用面などとってもお得に結婚式をすることができます♪

それでは、会費制結婚式の実態を探っていきましょう!

会費制結婚式のメリット

メリット1→ゲストの費用負担を軽減できる!

披露宴のご祝儀に包むのは大体は3万円といわれますが、会費制ウエディングではなんと会費が2万円以下が一般的!ゲストの費用が抑えられればこちらも呼びやすいですしゲストも助かりますのでWINWINです☆

メリット2→負担額は全員一律!

会費制の結婚式はゲストの会費は一律で設定をするので、ゲストにとっては、いくら包めば良いのか・・・という疑問をなくすことができます!

新郎新婦にとっては「ゲストの数 × 会費」で費用の計算が明朗会計!分かりやすい!最初から負担額を計算できることは大きなメリットですよね♡

メリット3→引出物や席次が不要で準備の負担が少ない!

会費制結婚式では引出物を用意しないのが一般的なんです!また、立食の場合ですと着席に必要な席札や席次表といったペーパーアイテムを不要ですので、準備も楽々ですよね!

会費婚のデメリット

デメリット1→まだまだ新しいスタイルの結婚式

会費制の結婚式は年齢が上がるにつれ馴染みのないスタイルの結婚式になります。立食であることや、通常の結婚式よりカジュアルなものであることをしっかりと親族に説明しましょう。従来の結婚式をイメージしていた場合、思っていたのと違う!と親族が感じてしまうかもしれません。

デメリット2→会費だけで良いのか迷うゲストも多数

「会費だけでいいの?」「会費の他にご祝儀も必要なのかしら」と、迷うゲストもいらっしゃるので、しっかりと事前に説明することが必要です。

広告

会費婚の相場

出典:マイナビウェディング

上記のグラフはマイナビウエディングが行ったアンケートです。

会費制の結婚式で最も多い会費は約40%でなんと10,000円未満に!

会費婚は1名当たり会費10,000円前後が相場になりそうです。

会費婚を開催しているサイトを見ると、

「40人→39万7千円」 のような表記で募集をしています。

この場合は一人につき会費1万円頂戴すれば自己負担が0で済むということですね!

自分たちにピッタリのプランを見つけよう!

各会費婚を募集しているサイトではプランの内容を見ることができますよね。

自分たちが求めている演出と費用を相談してプランを決めましょう♪