ウェブラル | 結婚式DIY・花嫁DIYで手作りウェディング、プレ花嫁結婚準備サイト

結婚式がもっと最高に楽しくなる演出、「ビールサーブ」をやろう!

結婚式がもっと最高に楽しくなる演出、「ビールサーブ」をやろう!

新郎がビールサーバーを背負ってテーブルを回る結婚式の演出、「ビールサーブ」がオススメ!

せっかくの結婚式、ゲストにも大いに楽しんでもらいたいですよね。

結婚式の演出はたくさんありますが、”ビールサーブ”は新郎・新婦が直接テーブルを周るので、ゲスト一人一人に声をかけ、感謝の気持ちを伝えられるのでオススメです!

ビールサーブはお酒好きにはたまらない演出ですしね^^

ビールサーブとキャンドルサービス、どっちにする?

会場が盛り上がりやすいのがビールサーブですが、厳格で正統派な披露宴であればキャンドルサービスを選びましょう。

広告

自分たちの披露宴のスタイルによって決めるのが良いです。その他に、夏だったら季節的にもビールが美味しいですし、キャンドルサービスの場合、会場全体が暗くなるので写真にあまり適さないという意見もあります。

暗いから動きも取れなくて、食事もしにくいという声はよく聞きます><

その点見ているだけでも楽しいし、制限が取られないという点ではビールサーブは人気です!

ビールサーブのデメリットは?

  1. 配分を考えないとビールが足りなくなることが・・・!
  2. ビールが洋服などにかかってしまう可能性あり
  3. ハッチャケすぎると白い目で見られるかも!?

3番のハッチャケすぎるに関しては、ビールサーバーの注ぎ口を直接口に入れるような行為のことです。

やっている本人はテンション上がってるし楽しいかもしれませんが、来ているのは友人だけではありません。親族が見ていたら怒ってしまう人もいるかもしれません。

もちろん、絶対してはいけないというわけではないですし、やってる人も多いのですが、ビールサーブをする方は頭の隅に記憶しておきましょう!

ビールサーブまとめ

いかがでしょうか。夏だったらビールサーブは本当にオススメ!写真映えも良いですし、何よりどの写真を見てもゲストが楽しそうにしています。

ビールサーブは、新郎はビールサーバーを持ち、新婦はおつまみを配るというのが定番のようです。
ノンアルコールの方には別のお菓子を用意すると飲めない人も嬉しいですね!