イベント/フェア/婚活

ウェディング用語の「ウェディング」「ブライダル」「マリッジ」の違いはなに?

みなさんも三つの単語は一度は聞いたことがありますよね。
ウェディングとブライダルとマリッジ・・・一緒の言葉として扱うことが多いですが、一体どんな違いがあるのか気になりませんか?

意味を理解して使い分けをしていきましょう!

「ウェディング」「ブライダル」「マリッジ」の違いとは?

辞書で調べると下記のように出てきます。

ウエディング【wedding】=婚礼。結婚式。結婚記念日。他の語と複合して用いられる。

ブライダル 【bridal】=婚礼。結婚式。

マリッジ【marriage】=結婚。婚姻。縁組み。婚儀。

ウェディング(WEDDING)は「結婚式」や「婚礼」「披露宴」など結婚全般を示す言葉で使われます。

例)ウエディングパーティー,ウエディングケーキ,ウエディングドレスなど

実際の結婚式当日に聞く言葉が多いですよね。対して、「ブライダル」や「マリッジ」という言葉はあまり聞きませんね。

ブライダル(BRIDAL)は語源が「Bride(新婦)」であることから、花嫁と関連した時に使うことが多いです。ジューンブライド(June Bride)」という言葉を聞いたことがありませんか?その意味は「花嫁」という意味になります!

例)ブライダルエステ、ブライダルフェア

ブライダルフェアやブライダルリングなどの言葉もありますので、最近では「花嫁」だけでなく、結婚の用語として使われることも多いですね。

マリッジはもともとフランス語で、マリアージュ(結婚に関する単語)という意味でウェディングと意味はほとんど同じだと考えられます。

例)マリッジブルー、マリッジリング

「マリッジブルー」という単語は聞いたことがあると思います。結婚式が近づくにつれて憂鬱になってしまうことですね。ちなみに、マリッジブルーはウェディングブルーとも言いますよ♪

それぞれ少しずつ言葉の意味合いは違いますので、簡単に覚えるなら

☆ウェディングとマリッジは結婚全般を示す言葉

☆ブライダルは花嫁に関係することを示す言葉

と思っておけば良いと思います!

まとめ

ウェディングやマリッジの言葉の意味は結婚する時になって気になってくるものですよね。プレ花嫁さんはそれぞれの意味を覚えておくことで、「これはそういう意味だったのか」と納得できる部分も多くなると思いますよ!

以上、結婚に関する豆知識でした♡